作業員

残土処理の問題点を解決|事業者のコスト削減を実現する特殊機械

様々な溶接機について知る

作業

金属等の加工業において、溶接機というのは必ず使用されているでしょう。溶接機というのは、金属の表面を熱で溶かし別の金属を接合する特殊機械です。その種類も様々で、ガス溶接や被覆アーク溶接、TIG溶接及びMAG溶接、MIG溶接と多岐にわたります。それらの溶接機を使う際の各メリット・デメリットについて知っていきましょう。
ガス溶接機では、ガスを燃焼させることによる高温を発生させ金属を溶かし接合します。使用するガスによって発生する温度が変わり、酸素・アセチレンといったガスを用いた際には約3000℃から3500℃の高温が発生します。ガス溶接によるメリットというのは、外部電源を必要とせずガスボンベを利用することでどこでも溶接作業を行えるといった点があげられます。デメリットとして、全体的な溶接機の中でガスによる溶接は発生する温度が低いといったものがあります。そのため、厚い金属板を溶かして溶接することは不向きです。次に、被覆アーク溶接について知っていきましょう。被覆アーク溶接というのは、加工業において最も利用されています。この溶接機では被覆アーク溶接棒を用いて、溶接アークを発生させ金属を溶かすことができます。設備が整っていれば溶接が簡単なものとなるでしょう。また、風に強いため屋外で溶接作業を行う際に活用されています。TIG溶接では、溶接部の酸化及び窒化を防ぎつつ溶接することができます。ガス溶接とアーク溶接を混合したような溶接機で、高品質な溶接を行うことができます。風に弱いため屋外の作業に向いておらず、価格効果といったデメリットのある溶接機です。MAG溶接はCO2/MAG溶接といった名称で、手棒を用いた溶接の三倍もの溶接速度が最大のメリットである溶接機です。MIG溶接もMAG溶接とほぼおなじ溶接法で、高品質溶接を行う際に用いられます。