作業員

残土処理の問題点を解決|事業者のコスト削減を実現する特殊機械

流量を計測する特殊機械

計測器

流量計と呼ばれる特殊機械は、その名称の通り流れるものの量を計測する特殊機械です。流れるもののと聞いて液体をイメージされるかもしれませんが、流量計では気体等の流れるものなら全て計測することが可能です。流量計は様々な産業界において利用されており、その用途も多岐にわたります。産業界における流量計の導入目的というのは、流量の監視及び管理、歩留まり向上、不良品の流出防止、危険回避、節約等を目的とした用途で導入されます。この特殊機械の具体的な用途の例として、500ccのパック飲料を生産する産業において流量計を用いれば正確に500ccずつパックに飲料を詰めることができるといったものがあります。
流量計に様々な種類があり、流すものが液体なのか気体なのか、液体であればどういった液体なのか、使用用途や目的といった要件に合っているものを選ぶ必要があります。例えば、石油類の流量を計測したい場合には、容積流量計やタービン流量計といったものが主に使用されます。また、熱を帯びた液体や気体、蒸気の流量を計測したいと考える際には渦流量計と呼ばれるカルマン渦の発生周波数を利用して流量を知るものが適しています。このように、様々な計測用途に合わせたタイプのものを選ぶことが大切なのです。通常に液体を節水のために計測したいのであれば、省エネ対策向けの安価な製品も存在します。それらの製品は取り付けも簡単で、企業におけるコスト削減の手助けとなっています。