作業員

残土処理の問題点を解決|事業者のコスト削減を実現する特殊機械

土質改良機の仕組み

工場

土質改良機と呼ばれる特殊機械を導入することで、工事事業者における残土処理問題を解決することができるでしょう。この土質改良機と呼ばれる特殊機械は、土木・建設工事現場の各工事工程において多く発生する不良土や汚泥といった再利用不可とされる建設発生土を再利用可することが可能です。ここでは、土質改良機がどういった方法で不良土や汚泥を再利用可するのかを知っていきましょう。
土質改良機には不良土や汚泥を入れるための投入口が存在します。そこにそれらの建設発生土を投入すると、内部に設けられたベルトコンベアにより内部の更に奥へ運ばれていきます。ベルトコンベアにより運ばれる建設発生土はまず、ほぐし装置と呼ばれるものにほぐされつつ均等に分けられ更に流されます。更に流されると固化材(石灰等)を均等に掛けられ、更にソイルカッタと呼ばれるものによって建設発生土と固化材を切削混合していきます。切削混合された建設発生土は、その奥にあるロータリーハンマーという3軸構成の機械部によって衝撃を与えられます。衝撃を与えられることで建設発生土を細粒化し、固化材と均一の状態にします。その後、アフターカッタと呼ばれる機械部によって更に細粒化しつつ切削混合を行ないます。これらの作業工程の後、細粒化され固化材と切削混合された建設発生土は再利用可能な改良土として排出されます。これらの再利用可能となった改良土は主に路床材や盛土材として活用することができるでしょう。