男女の作業員

残土処理の問題点を解決|事業者のコスト削減を実現する特殊機械

流量を計測する特殊機械

計測器

多くの産業において、液体や気体の流れる量を用いた製品を生産を行なっているところは多いでしょう。流量計を導入することで、それらの液体や気体の流量を計測し正確に管理することが可能になります。

もっと読む

土質改良機の仕組み

工場

残土処理問題を解決する特殊機械の一つとして、土質改良機と呼ばれるものがあります。土質改良機は不良土や汚泥といった建設発生土を改良し、再利用可能な改良土にすることが可能です。

もっと読む

建築発生土の再利用化

男性作業員

土木・建築・解体工事現場等において、必ず発生する建築発生土というのは工事事業者にとって頭の痛い問題となるでしょう。建築発生土というのは、不良土や汚泥、コンクリートガラ、転石、伐採材及び伐根といった様々な工事現場の作業工程で発生する建設副産物を指します。ここでは、解体工事等で発生するコンクリートガラや転石といった建設発生土について知っていきましょう。
コンクリートガラや転石といった建設発生土は、再利用することが困難なため残土処理を行う必要があります。この残土処理というのが、建設発生土の発生に伴う工事事業者にとっての悩みの種となっています。残土処理は、再利用することが困難な建設副産物を廃棄物埋立場や、工事事業者が所有する保管所に運搬し処分したり保管したりすることを指します。廃棄物埋立場に関しては、毎年の建設発生土を含む建設廃棄物の発生が大幅に増加しているために既に飽和状態になっています。工事事業者の保有する保管所に関しても限界があり、スペースを確保するために莫大なコストが掛かってしまうでしょう。このように、残土処理には様々な問題があり、工事事業者を悩ませているのです。近年では、残土処理問題を解決するために開発された特殊機械が登場しました。コンクリートガラや転石といった建設発生土においては、粉砕機と呼ばれる特殊機械を導入することで残土処理を行う必要がなくなります。粉砕機は、再利用が困難であったコンクリートガラや転石を一定のサイズに砕き均等化した後、再利用可できる状態にすることができます。再利用可能な状態にすることにより、残土処理をする必要性がなくなるのです。

様々な溶接機について知る

作業

金属加工業において溶接機というのは多く使用されており、使用される溶接機の種類は多岐にわたります。ガス溶接や被覆アーク溶接、TIG溶接、MAG溶接及びMIG溶接といった溶接機の中から事業ニーズに合わせたものを選びましょう。

もっと読む